中洲 - 辻仁成『右岸』

物語の舞台 - 中洲(福岡県 福岡市博多区)

十九歳になった祖父江九は、中洲の清流橋の上に立ち、初春の照り映える川面を見下ろしていた。

清流橋はキャナルシティ前、博多中洲の南端にあたるところ。

繁華街として名高い中洲ですが、清流橋のあたりは風俗街、ソープ街となっています。作中でも実際にソープに入ったりするのですが。

掲載日:2009-10-03
※写真はイメージです。地図もイメージであり、写真撮影地点や物語の舞台の特定を意図したものではありません。

図書情報

中洲について


中洲(なかす)は福岡市博多区の地名で、那珂川と博多川に挟まれた中州に位置する歓楽街。


[概要]

那珂川の流れに沿って北西から南東にかけて約1キロの細長い地形を呈する。北東から南西にかけての横幅は約200メートル。最寄り駅は福岡市交通局(地下鉄空港線・箱崎線)中洲川端駅。

天神と博多駅の間に位置しており、天神の繁華街からは徒歩圏内である。博多川を挟んで川端通商店街や複合商業施設のキャナルシティ博多とも隣接している。北西から昭和通り・明治通り・国体道路(国道202号)が当該地域を貫き、それらに直角に交る中洲中央通りが歓楽街のメインストリートである。行政界として、昭和通りから北西が中洲中島町

エリア一覧