黒崎 - 松尾スズキ『老人賭博』

物語の舞台 - 黒崎(福岡県 北九州市八幡西区)

白崎の空は勉強に集中できない子供の目つきのようにどんよりしていた。駅を出て振り返ると、駅ビルや隣接するデパートはデンとして大きいが、古いうえにメンテナンスができていないせいで、やたらとくすんでいる。

「白崎」は北九州、小倉駅から電車で数十分のところにある町ということになっています。現実に同位置に存在するのは「黒崎」です。状況から見ても黒崎と思ってまず問題はないでしょう。

黒崎は北九州の中心都市のひとつですが、2000年のそごう撤退をはじめ、駅周辺の商業施設が次々潰れたりして商業的にはかなり厳しい状況。

「シャッター商店街」になった町を復活させよう!とする映画を、白崎でロケする風景が描かれる小説です。

掲載日:2013-05-12
※写真はイメージです。地図もイメージであり、写真撮影地点や物語の舞台の特定を意図したものではありません。

図書情報

黒崎について

黒崎(くろさき)は、福岡県北九州市八幡西区にある地名で、北九州市の副都心に位置付けられている。江戸時代は長崎街道の宿場町として栄え、近代からは交通の要衝や重化学工業の拠点として発展、戦後は市西部や筑豊・遠賀等を商圏に発展してきた歴史を持つ。


[地理]

黒崎地区は、北九州市西部の拠点として高次都市機能が集積している。JR鹿児島本線南側の地域に、商業、医療・福祉、交通拠点など多様な都市機能が集積し、市民をはじめ、多くの人々が行き交う市街地となっている。駅前商店街や百貨店等の大規模商業施設は、市西部を含め、遠賀・中間地域や直方・鞍手地域を含めた北九州都市圏西部からの集客がある。また、交通機関では、JR黒崎駅、西鉄黒崎バスセンター

エリア一覧