石垣島 - 池上永一『風車祭』

物語の舞台 - 石垣島(沖縄県 石垣市)

夕暮れがアラピキ橋に差しかかろうとしていた。河口にあるこの橋から、竹富島が見える。ほんの数キロメートルしか離れていない竹富島は、平たく海に浮かぶマンボウのような形をしている。

石垣島を舞台にした長編。島南部の新川エリアが中心。

アラピキ橋(荒引橋)は主人公の少年武志が、美しい娘(の霊)ピシャーマと出会う場所にして、物語中で重要なポイントとなるところ。実在する橋です。というかビッチンヤマ御嶽とかほとんどぜんぶ実際あるものなんですよね。

この橋の上に立って河を眺めてる人がいたら、おそらく泡がたってないか見てるんだと思います。

掲載日:2007-07-22
石垣島イメージ
(C) ajari
※写真はイメージです。地図もイメージであり、写真撮影地点や物語の舞台の特定を意図したものではありません。

図書情報

石垣島について

石垣島(いしがきじま)は、沖縄県石垣市に属する八重山列島の島である。

沖縄県内では沖縄本島・西表島に次いで3番目、日本全体(北海道、本州、四国及び九州の4島と沖縄本島を含む)では21番目の面積を持つ。人口は約4万9千人(2019年2月時点)。


[概要]

石垣島は八重山列島の政治・経済・教育・交通などの中心地である。県庁所在地の那覇市からは南西に410km離れている。一方、台湾とは概ね270kmしか離れておらず、地理的には日本の大半の地域よりも台湾に近い。


[歴史]

エリア一覧