クワンゴ - 古川日出男『13』

物語の舞台 - クワンゴ(コンゴ クワンゴ州)

ランドローバーを降りた響一は、視線をウライネの顔からその背後のコンゲの市場の光景に移した。活況を呈する市場の屋台には多種多様な品物が並んでいた。野菜や卵や果物や、ぶつ切りの鰐の手足や猿の燻製などの獣の肉、魚、山盛りにされた生きた芋虫と毛虫といった食物。

ピグミーチンパンジー(ボノボ)研究をする従兄弟につれられアフリカにやってきた少年響一。コンゴ民主共和国の首都、キンシャサから東へ200キロほどのところ、バンドゥンドゥ州にあるKenge、でいいんですよね、このコンゲ。

コンゲをベースキャンプとして、森へ入ってフィールドワークします。

引用部について何か言おうと思って開いた昆虫食のサイトで、これだけでもうお腹いっぱいになってしまったので今日はもう何も言うことないです。

掲載日:2007-08-26
※写真はイメージです。地図もイメージであり、写真撮影地点や物語の舞台の特定を意図したものではありません。

図書情報

クワンゴについて

クワンゴ州(クワンゴしゅう、フランス語:Kwango Province)は、コンゴ民主共和国南西部の州。州都はケンゲ。2005年の人口は199万4036人。アンゴラとの国境を成す、カサイ川支流のクワンゴ川が州名の由来である。


[隣接州]

  • 北:クウィル州
  • 東:カサイ州
  • 南:北ルンダ州
  • 南西:マランジェ州

エリア一覧