単行本未収録

近況報告

阿部和重と角田光代の特集棚があるかなと思ったらなくってがっかりする。きょうび文学賞なんて流行んないんですかね。そんなもんで騒いでられるかってことですかね。

それはいいとして。宮沢章夫『サーチエンジン・システムクラッシュ』が文庫になったので手に取ると、単行本未収録の短編小説が併録されてまして。単行本は読んだ。というか今も大事に持ってる。というとき、この文庫を前にして僕らはどうしたらいいんだろう。

結局買ったわけなんだけれども、やるせなさは残る。何か術中にはまったような。

「文庫版あとがき」が増えた程度でもいそいそ買っちゃうのが正しいファンの姿なんだろうなとは思うんですが・・・。

このページへのコメント