iTMSで音楽を買う。

近況報告

iTuneMusicStoreで曲を買う、ということにはもう抵抗なくなっていて、ときどきダウンロード購入してます。これまで100曲くらいかな。

iTMSではm4pというフォーマットで城壁を作り、iPod以外のプレイヤには転送させない、という戦略を行ってるのですが、そのガードは勝手に外してます。JHymnを使ってmp3にして、自分の愛用してるMP3プレイヤで持ち歩いたりしてたわけです。Winnyでばらまきたいわけじゃなし、自分で買った音楽を自分で楽しむ方法に口出しするなとか思ってるので罪悪感はない。

ところが、JHymnの機能を無効化させるバージョンアップをiTMSが行いまして、それができなくなっちゃった。

「じゃiPodを買おう」になるんじゃない、「じゃiTMSは使わない」になるだけです。それで戦略として合ってるの?

パッケージに愛着があるわけではないので音楽はデータでいい。買ったCDは即日HDDに入れちゃって、CD出し入れなんて面倒なくいつでも聴ける状態に、またMP3プレイヤに気ままに移してます。そんな楽しみ方を理解してくれてると思ってたんですが。

音楽をもっと身近に。という思想だと誤認して歓迎してたんですが、改めて考えると当たり前のこと、「音楽をもっと身近に。with iPod」だったのですよね。

このページへのコメント