携帯電話もってませんが

近況報告

これまで一度も携帯電話を持ったことがなく、なんで持たないの?って言われるたびに「持つことに理由はいるけど、持たないことに理由はいらないだろ」とか思いつつ、必要ないから持ってない。持たないことをアイデンティティにしたいと思ってるわけでもないんだけれども、mixiの携帯持たないコミュニティに参加する程度には意識的にも持たない。

携帯がないと待ち合わせさえできないのはただの退化だと毒づいたり、待ち受け画面で一生何かを待ち受けて終わるのか諸君とアジったり、そんな攻撃的な思いはそんなにはないですよ。けどね。

今般アップした鴻上尚史『生きのびるために笑う』に、携帯のデータが死んだら何割かの人との関係が終わるという話があるんだけれど、それを避ける方法はいくらでもあるはずなのになと思ったりするにつけ、やっぱりケータイは持つべきじゃないなと心引き締めたりするわけです。

そんな私だのに、会社仕事で携帯サイトに関わらないといけないような事態となりまして、社の備品としての携帯電話を貸されたりしてます(持ち歩かないけど)。どうしましょう。使ってるうちに欲しくなってくる、ということはないと断言できるのですが、だからこそ、どうしましょう。

このページへのコメント