餃子食って帰りましたが。

近況報告

今日の夕食は生ビールにラーメン、餃子でした。普通の夕食。週に2回はそんな夕食。ふと見ると、壁に「ウチの餃子は中国製ではない」旨の貼り紙がしてあんのね。本場食材を使っていないことを明記しないといけない中華料理屋は悲しいことですね。ん、ラーメンも餃子ももう日本食か。

今回の事件って特定の製造会社・流通業者が(あるいは特定の犯罪組織が?)起こしたもので、「中国食材は今後いっさい食べません」って言うのには論理的な飛躍があると思うんだけれど、どうなの。被害にあわれた方の心中はお察しいたしますがそれとは別の話として。

アメリカ人がコンビニ強盗する事件がありました、アメリカ人は信用ならない、アメリカ人は全員日本から出て行け! というような類の論調は誰が作ってるの? マスコミの方々? そういうときには政治的な世論操作が入ってるかもしれないから注意しないといけないよね。

食料自給率を上げようという風潮を盛りたてたいとか、分かりやすそうなとこから分かりにくそうなところまで、この騒ぎに乗じたい人はいるんでしょう。

や、中国の肩もつわけじゃないよ。「日本人はあまりに虚弱体質だ」とか(笑)アホかと思うしね。まぁその発言をピックアップすることで「中国人がいかにもアホであるかのように印象付ける」操作が入ってる、なんてこともこれまたあるわけだけれどもね。

それはそうと、餃子食べるときに手にとる辣油瓶。なんであれってどこの店でもほぼ例外なくベタベタしてんのよ。ベタベタしない辣油瓶を誰か発明してください。

このページへのコメント