伊坂幸太郎

新刊・近刊情報

伊坂幸太郎の新刊・近刊情報

伊坂幸太郎『あるキング: 完全版』

伊坂幸太郎『あるキング: 完全版』

2015年04月30日 新潮文庫 1069円 ISBN:9784101250281

山田王求。プロ野球チーム「仙醍キングス」を愛してやまない両親に育てられた彼は、超人的才能を生かし野球選手となる。本当の「天才」が現れたとき、人は"それ"をどう受け取るのか――。群像劇の手法で王を描いた雑誌版。シェイクスピアを軸に寓話的色彩を強めた単行本版。伊坂ユーモアたっぷりの文庫版。同じ物語でありながら、異なる読み味の三篇をすべて収録した「完全版」。

伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』

伊坂幸太郎『夜の国のクーパー』

2015年03月19日 創元推理文庫 842円 ISBN:9784488464028

僕の住む国では、いろんなことが起きた。戦争が終わったんだ――猫は摩訶不思議な物語を語り始める。伊坂幸太郎10冊目の書き下ろし長編は、世界の秘密についてのおはなし。

伊坂幸太郎/大山誠一郎/伯方雪日ほか『晴れた日は謎を追って がまくら市事件』

伊坂幸太郎/大山誠一郎/伯方雪日ほか『晴れた日は謎を追って がまくら市事件』

2014年12月22日 創元推理文庫 972円 ISBN:9784488400576

不可能犯罪ばかりが起こる街、蝦蟇倉(がまくら)市。この街に住む人々の日常は、いつも謎と不思議に彩られている。第一線で活躍する作家たちによる、不思議な街の道案内。

阿部和重/伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

阿部和重/伊坂幸太郎『キャプテンサンダーボルト』

2014年11月28日 文藝春秋 1944円 ISBN:9784163901947

4年を費やして完成した、世紀の合作!

現代を代表する人気作家の二人が、
構想・執筆に4年をかけた合作書き下ろし長編900枚。
2010年代、最強のエンターテインメント作品。

伊坂幸太郎『PK』

伊坂幸太郎『PK』

2014年11月14日 講談社文庫 572円 ISBN:9784062779654

勇気は伝染する――何十年も前、勇気を出してある子供を救った男。その勇気が、時を経て、誰かを奮い立たせているかもしれない。

伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』

伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』

2014年09月26日 幻冬舎 1512円 ISBN:9784344026292

ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。
奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、
他力本願で恋をしようとする青年、
元いじめっこへの復讐を企てるOL......。
情けないけど、愛おしい。
そんな登場人物たちが紡ぎ出す、数々のサプライズ! !
伊坂作品ならではの、伏線と驚きに満ちたエンタテイメント小説!

伊坂幸太郎/中山七里/柚月裕子ほか『ほっこりミステリー』

伊坂幸太郎/中山七里/柚月裕子ほか『ほっこりミステリー』

2014年03月06日 宝島社文庫 620円 ISBN:9784800223395

亭主関白の真逆を体現する男・兜。息子も恐妻も知らない、彼の本当の職業は...殺し屋!?(「BEE」/伊坂幸太郎)。故郷の自然と思い出を守りたい。そんな夏美の前に現れた、不思議な男。彼の正体は...?(「二百十日の風」/中山七里)。大人気、佐方検事シリーズ最新作。相次ぐ郵便事故に目を留めた佐方は、ありえない秘策で事件を解決する!?(「心を掬う」/柚月裕子)。今回の名探偵は...著者人気シリーズ「アゲハ」から飛び出した、ハラマキ捜査官の愛娘・菜月(8歳)(「18番テーブルの幽霊」/吉川英梨)。大人気作家オール書き下ろし、"人の死なない"ミステリー。心にしみる、とっておきのアンソロジー。

伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』

伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』

2014年01月31日 新潮社 1575円 ISBN:9784104596065

豪速球から消える魔球まで出し惜しみなく投じられた「ネタ」たち。技巧と趣向が融合した七編を収める贅沢すぎる連作集。黒澤も登場!

伊坂幸太郎『マリアビートル』

伊坂幸太郎『マリアビートル』

2013年09月25日 角川文庫 780円 ISBN:9784041009772

酒浸りの元殺し屋「木村」。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」「檸檬」。運の悪い殺し屋「七尾」。物騒な奴らを乗せた新幹線は疾走する! 『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。

伊坂幸太郎『死神の浮力』

伊坂幸太郎『死神の浮力』

2013年07月30日 文藝春秋 1733円 ISBN:9784163823003

『死神の精度』で活躍した「千葉」が8年ぶりに帰ってきました!
クールでちょっととぼけた死神を、今度は書き下ろし長編でお楽しみください。

このページへのコメント