村上春樹

現代文学100字レビュー

村上春樹プロフィール&ガイド

村上春樹(むらかみはるき)―1949年、京都府出身。小説家。

ジャズ喫茶を経営してたのも、野球観戦中に天啓を受けて小説を書き始めたのも、有名な話。1979年『風の歌を聴け』で第23回群像新人文学賞、1982年『羊をめぐる冒険』で第4回野間文芸新人賞、1985年『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』で第21回谷崎潤一郎賞、1995年『ねじまき鳥クロニクル』で第47回読売文学賞/小説賞、2006年朝日賞、2009年『1Q84』で第63回毎日出版文化賞受賞。

デビュー作『風の歌を聴け』から『1973年のピンボール』、『羊をめぐる冒険』、『ダンス・ダンス・ダンス』と物語は連鎖しています。だから『風の歌を聴け』から入るのが真っ当。小洒落た感じが好きじゃない人は「ピンボール」までは我慢して。「羊」できっとはまります。でも名高い『ノルウェイの森』からでも『1Q84』からでももちろん構わないです。どこの本屋でも手に入るだろうしね。重厚な小説作品に対して、エッセイは驚くほど軽みがあって、小説よりエッセイが好きという人も少なくないです。

つながり作家

マイベストはこれ!

レビュー一覧

村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の表紙画像
評価
★★★★☆
発行
2013/04 文藝春秋
種類
文学(小説)
目次
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
所要
4時間20分

「乱れなく調和する親密な場所」から疎外された理由を、16年後に追う巡礼の旅。主人公の造形、その背を押す巫女的女性など春樹らしくも類型的で、足踏み感もあるけど、磨ききった言葉で切り込む内省が瑞々しい色彩。

小澤征爾/村上春樹『小澤征爾さんと、音楽について話をする

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』の表紙画像
評価
★★★★☆
発行
2011/11 新潮社
種類
芸術・美術
目次
第1回 ベートーヴェンのピアノ協奏曲第三番をめぐって / 第2回 カーネギー・ホールのブラームス / 第3回 一九六〇年代に起こったこと (ほか)
所要
3時間

春樹のクラシックへの知見と鑑賞力には「これほどとは」と舌を巻く。それに引っ張られて、正確に語ろうと言葉を探す小澤。良インタビューだ。レコードを聞きながら「ここがね」なんて言う、リビング感がいいですね。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 しきさいをもたないたざきつくるとかれのじゅんれいのとし 2013/04 文学(小説) ★★★★☆
小澤征爾さんと、音楽について話をする おざわせいじさんとおんがくについてはなしをする 2011/11 芸術・美術 ★★★★☆
おおきなかぶ、むずかしいアボカド おおきなかぶむずかしいあぼかど 2011/07 文学(エッセイ) ★★★☆☆
ねむり ねむり 2010/11 文学(小説) ★★★☆☆
村上春樹雑文集 むらかみはるきざつぶんしゅう 2011/01 文学(エッセイ) ★★★☆☆
夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです ゆめをみるためにまいあさぼくはめざめるのです 2010/09 文学 ★★★★☆
1Q84 BOOK3 いちきゅうはちよん3 2010/04 文学(小説) ★★★★★
めくらやなぎと眠る女 めくらやなぎとねむるおんな 2009/11 文学(小説) ★★★☆☆
1Q84 BOOK1/BOOK2 いちきゅうはちよん1/2 2009/05 文学(小説) ★★★★★
村上ソングズ むらかみそんぐず 2007/12 文学(詩歌) ★★★☆☆
走ることについて語るときに僕の語ること はしることについてかたるときにぼくのかたること 2007/10 文学(エッセイ) ★★★☆☆
うさぎおいしーフランス人 うさぎおいしーふらんすじん 2007/03 文学(エッセイ) ★☆☆☆☆
「ひとつ、村上さんでやってみるか」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける490の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? ひとつむらかみさんでやってみるかとせけんのひとびとがむらかみはるきにとりあえずぶっつけるよんひゃくきゅうじゅうのしつもんにはたしてむらかみさんはちゃんとこたえられるのか 2006/11 文学 ★★★☆☆
「これだけは、村上さんに言っておこう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける330の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? これだけはむらかみさんにいっておこうとせけんのひとびとがむらかみはるきにとりあえずぶっつけるさんびゃくさんじゅうのしつもんにはたしてむらかみさんはちゃんとこたえられるのか 2006/03 文学 ★★★☆☆
意味がなければスイングはない いみがなければすいんぐはない 2005/11 芸術・美術 ★★★☆☆
東京奇譚集 とうきょうきたんしゅう 2005/09 文学(小説) ★★★☆☆
象の消滅 ぞうのしょうめつ 2005/03 文学(小説) ★★★★☆
ふしぎな図書館 ふしぎなとしょかん 2005/01 文学(小説) ★☆☆☆☆
地球のはぐれ方 ちきゅうのはぐれかた 2004/11 歴史 ★★★★☆
アフターダーク あふたーだーく 2004/09 文学(小説) ★☆☆☆☆
ポートレイト・イン・ジャズ 2 ぽーとれいといんじゃず2 2001/04 芸術・美術 ★★★☆☆
ポートレイト・イン・ジャズ ぽーとれいといんじゃず 1997/12 芸術・美術 ★★★☆☆
サリンジャー戦記 さりんじゃーせんき 2003/07 文学(小説) ★★★☆☆
少年カフカ しょうねんかふか 2003/06 文学(小説) ★★☆☆☆
映画をめぐる冒険 えいがをめぐるぼうけん 1985/12 芸術・美術 ★★★☆☆
海辺のカフカ うみべのかふか 2002/09 文学(小説) ★★★★★
村上ラヂオ むらかみらぢお 2001/06 文学(エッセイ) ★★★☆☆
ふわふわ ふわふわ 1998/06 芸術・美術 ★★☆☆☆
スメルジャコフ対織田信長家臣団 すめるじゃこふたいおだのぶながかしんだん 2001/04 文学(エッセイ) ★★☆☆☆
翻訳夜話 ほんやくやわ 2000/10 言語 ★★★☆☆
辺境・近境 写真篇 へんきょうきんきょうしゃしんへん 1998/05 歴史 ★★★☆☆
シドニー! しどにー 2001/01 芸術・美術 ★★★★☆
またたび浴びたタマ またたびあびたたま 2000/08 文学(エッセイ) ★★★☆☆
「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? そうだむらかみさんにきいてみようとせけんのひとびとがむらかみはるきにとりあえずぶっつけるにひゃくはちじゅうにのだいぎもんにはたしてむらかみさんはちゃんとこたえられるのか 2000/08 文学 ★★★☆☆
神の子どもたちはみな踊る かみのこどもたちはみなおどる 2000/02 文学(小説) ★★★★☆
もし僕らのことばがウィスキーであったなら もしぼくらのことばがうぃすきーであったなら 1999/12 文学(日記・紀行) ★★★★☆
スプートニクの恋人 すぷーとにくのこいびと 1999/04 文学(小説) ★★★★☆
約束された場所で やくそくされたばしょで 1998/11 文学(ルポ) ★★★★★
村上朝日堂夢のサーフシティー むらかみあさひどうゆめのさーふしてぃー 1998/07 文学(エッセイ) ★★☆☆☆
辺境・近境 へんきょうきんきょう 1998/04 文学(日記・紀行) ★★★★☆
若い読者のための短編小説案内 わかいどくしゃのためのたんぺんしょうせつあんない 1997/10 文学 ★★★☆☆
村上朝日堂はいかにして鍛えられたか むらかみあさひどうはいかにしてきたえられたか 1997/06 文学(エッセイ) ★★★★☆
アンダーグラウンド あんだーぐらうんど 1997/03 文学(ルポ) ★★★☆☆
村上春樹、河合隼雄に会いにいく むらかみはるきかわいはやおにあいにいく 1996/12 文学(エッセイ) ★★★☆☆
レキシントンの幽霊 れきしんとんのゆうれい 1996/11 文学(小説) ★★★☆☆
うずまき猫のみつけかた うずまきねこのみつけかた 1996/05 文学(エッセイ) ★★★★☆
五人十色 ごにんといろ 1984/06 文学(エッセイ) ★★★☆☆
夜のくもざる よるのくもざる 1995/06 文学(小説) ★★★★☆
ねじまき鳥クロニクル 第3部 ねじまきどりくろにくる3 1995/08 文学(小説) ★★★★★
ウォーク・ドント・ラン うぉーくどんとらん 1981/07 文学(エッセイ) ★★★☆☆
'THE SCRAP' ざすくらっぷ 1987/02 文学(エッセイ) ★★★☆☆
使いみちのない風景 つかいみちのないふうけい 1994/12 文学(エッセイ) ★★★☆☆
ねじまき鳥クロニクル 第1部・第2部 ねじまきどりくろにくる1・2 1994/04 文学(小説) ★★★★★
やがて哀しき外国語 やがてかなしきがいこくご 1994/02 文学(エッセイ) ★★★☆☆
雨天炎天 うてんえんてん 1990/08 文学(日記・紀行) ★★★★☆
波の絵、波の話 なみのえなみのはなし 1984/03 芸術・美術 ★☆☆☆☆
中国行きのスロウ・ボート ちゅうごくゆきのすろうぼーと 1983/05 文学(小説) ★★★★★
国境の南、太陽の西 こっきょうのみなみたいようのにし 1992/10 文学(小説) ★★★☆☆
螢・納屋を焼く・その他の短編 ほたるなやをやくそのたのたんぺん 1984/07 文学(小説) ★★★★★
ランゲルハンス島の午後 らんげるはんすとうのごご 1986/11 文学(エッセイ) ★★★☆☆
日出る国の工場 ひいずるくにのこうじょう 1987/04 文学(ルポ) ★★★★☆
はいほー! はいほー 1989/05 文学(エッセイ) ★★★☆☆
村上朝日堂の逆襲 むらかみあさひどうのぎゃくしゅう 1986/06 文学(エッセイ) ★★★☆☆
遠い太鼓 とおいたいこ 1990/06 文学(エッセイ) ★★★★☆
パン屋再襲撃 ぱんやさいしゅうげき 1986/04 文学(小説) ★★★★★
夢で会いましょう ゆめであいましょう 1981/11 文学(エッセイ) ★★★☆☆
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド せかいのおわりとはーどぼいるどわんだーらんど 1985/06 文学(小説) ★★★★★
羊男のクリスマス ひつじおとこのくりすます 1985/11 文学(小説) ★★★☆☆
象工場のハッピーエンド ぞうこうじょうのはっぴーえんど 1983/12 文学(エッセイ) ★★★☆☆
回転木馬のデッド・ヒート かいてんもくばのでっどひーと 1985/10 文学(小説) ★★★☆☆
ノルウェイの森 のるうぇいのもり 1987/09 文学(小説) ★★★★★
TVピープル てぃーびーぴーぷる 1990/01 文学(小説) ★★★★☆
ダンス・ダンス・ダンス だんすだんすだんす 1988/10 文学(小説) ★★★★★
村上朝日堂 むらかみあさひどう 1984/07 文学(エッセイ) ★★★★☆
羊をめぐる冒険 ひつじをめぐるぼうけん 1982/10 文学(小説) ★★★★★
カンガルー日和 かんがるーびより 1983/09 文学(小説) ★★★★☆
1973年のピンボール せんきゅうひゃくななじゅうさんねんのぴんぼーる 1980/06 文学(小説) ★★★★☆
風の歌を聴け かぜのうたをきけ 1979/07 文学(小説) ★★★★★

これから出る本、最近出た本

村上春樹/カット・メンシック『図書館奇譚』
2014年11月27日 新潮社 1944円
村上春樹/小澤征爾『小澤征爾さんと、音楽について話をする』
2014年06月27日 新潮文庫 767円
村上春樹『女のいない男たち』
2014年04月18日 文藝春秋 1700円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント