山田太一

現代文学100字レビュー

山田太一プロフィール&ガイド

山田太一(やまだたいち)―1934年、東京都出身。脚本家。

松竹大船撮影所演出部を経て、脚本家に。1988年『異人たちとの夏』第1回山本周五郎賞受賞。

つながり作家

マイベストはこれ!

レビュー一覧

山田太一『飛ぶ夢をしばらく見ない

『飛ぶ夢をしばらく見ない』の表紙画像
評価
★★★★☆
発行
1985/11 新潮社
種類
文学(小説)
目次
飛ぶ夢をしばらく見ない

どんどん若返ってゆく老婆を愛する、現実を愛せない中年の物語。これはすべて夢であると示唆されているにも関わらず、現実との狭間みたいな緊張感がある。世界からの流麗な逃げだし方に思わず誘われてしまいそうで。

このページへのコメント