青木淳悟

現代文学100字レビュー

青木淳悟プロフィール&ガイド

青木淳悟(あおきじゅんご)―1979年、埼玉県狭山市出身。小説家。

2003年「四十日と四十夜のメルヘン」で第35回新潮新人賞、2005年『四十日と四十夜のメルヘン』で第27回野間文芸新人賞、2012年『私のいない高校』で第25回三島由紀夫賞受賞。

レビュー一覧

青木淳悟『私のいない高校

『私のいない高校』の表紙画像
評価
★★★★☆
発行
2011/06 講談社
種類
文学(小説)
目次
私のいない高校
所要
2時間10分

主人公がいないとか、物語性を最後まで抑圧してみせたりとか、「誰も見ていない時、月は存在するか?」という問いの、見られてない月を描写する試みだと言える。実験性がいつも人を楽しませるわけではないけどもね。

青木淳悟『このあいだ東京でね

『このあいだ東京でね』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2009/02 新潮社
種類
文学(小説)
目次
さようなら、またいつか / このあいだ東京でね / TOKYO SMART DRIVER (ほか)
所要
2時間30分

東京という街が主人公、「マンション購入ノウハウ」や「Googleストリートビューを使いこなせ」といった雑誌特集様の文章で、小説じゃないかも?な短編集。メタな場所で楽しむのは楽しむけど、実験半ばという感じね。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
私のいない高校 わたしのいないこうこう 2011/06 文学(小説) ★★★★☆
このあいだ東京でね このあいだとうきょうでね 2009/02 文学(小説) ★★★☆☆
いい子は家で いいこはいえで 2007/05 文学(小説) ★★★☆☆
四十日と四十夜のメルヘン よんじゅうにちとよんじゅうやのめるへん 2005/02 文学(小説) ★★★★☆

これから出る本、最近出た本

青木淳悟『男一代之改革』
2014年07月16日 河出書房新社 1728円
青木淳悟『いい子は家で』
2013年04月10日 ちくま文庫 777円
青木淳悟『私のいない高校』
2011年06月14日 講談社 1680円

新刊・近刊をもっと見る

このページへのコメント

青木淳悟の公式ツイート

青木淳悟 @aokijungo

文筆業

東京都豊島区

741 ツイート

23 フォロー

1,808 フォロワー

青木淳悟 @aokijungo

また作品中、早稲田文学「WB」に書いたエッセイ「野球観としてあるもの」から、本文に組み込む形で引用があることを、お断りさせて頂きます。そしてほら様、くわわ様、かきふ様、きおはら様、ががわ様、おい監督様、ミスタG様、むりやま監督様、おから様、せきいね監督様・・・申し訳ありません!

2017-08-08 17:04

ReplyRTFav

青木淳悟 @aokijungo

「プロ野Qさつじん事件」(「すばる」9月号)、発表に際してのお断り。これまで何度か短篇やエッセイで『プロ野球?殺人事件!』(カプコン)を取り上げさせて頂きましたが、改めて引用元のカプコン社様、ソフト制作会社様、主人公いがわ・すぐる様に感謝いたします。勝手に小説化してすみません!

2017-08-08 16:48

ReplyRTFav

青木淳悟 @aokijungo

【ご報告】「すばる」9月号に新作プロ野球小説が!!・・・新作「プロ野Qさつじん事件」ですが、舞台は約30年前、昭和63年の夏。某球団の元エースピッチャーが濡れ衣を晴らすため殺人事件の真犯人を追う!というファミコンゲームを下敷きにした物語。初めての「エンターテインメント」作品です!

2017-08-08 16:29

ReplyRTFav

青木淳悟 @aokijungo

【ご報告】「すばる」9月号に新作プロ野球小説が!!・・・これまで苦境が続き、2016年中に書いた原稿の9割が未発表という状況でした。。。私の危機管理能力のなさが招いた事態ですが、ここで6割まで発表できたことになります。「すべて俺が悪い」。作品の反響によってあと4割の命運が決まる!

2017-08-08 16:15

ReplyRTFav

青木淳悟 @aokijungo

本日(7月28日)の朝日新聞「文芸時評」で、磯崎憲一郎さんが私の新作短篇のことを取り上げてくださっています・・・!『三田文学』掲載の「僻説俗論 明治十年が如く」ですが、他にまったく反響がありません!記事も小説もぜひ読んでみて下さいませ!!

2017-07-28 16:41

ReplyRTFav

青木淳悟 @aokijungo

『三田文學』夏季号に、「僻説俗論 明治十年が如く」という、そんなタイトルの短篇を書きました。明治10年といえば最後の士族反乱・西南戦争の年・・・。西郷どんVS明治新政府!! 大久保・木戸・板垣のこと、そして福沢諭吉・・・。だいたいにおいて、歴史上の人物をイジる感じの小説です!

2017-07-12 23:54

ReplyRTFav

青木淳悟 @aokijungo

今月の『POPEYE』カレー特集に、なぜか将棋エッセイを書きました。今年の名人戦第1局を観戦したときの話。カレー、将棋、私。

2017-07-12 23:35

ReplyRTFav

CINRA.NET @CINRANET

『POPEYE』カレー特集にU-zhaan、cero高城、コムアイ、かせきら登場
cinra.net/news/20170709-… pic.twitter.com/ovOWdmCuoc

青木淳悟さんがリツイート

photo

2017-07-09 21:00

ReplyRTFav

青木淳悟 @aokijungo

先週行われた【名人戦第一局】を観戦させていただきました!!  本日11日(火)の「毎日新聞」夕刊・文化面(全国版)にエッセイが載っております。「観るだけの」将棋ファンとして、棋界最高峰の舞台をつぶさに見学してまいりました。ネットで将棋動画を毎日観ていた私に訪れた奇跡のお仕事!!

2017-04-11 22:07

ReplyRTFav

青木淳悟 @aokijungo

【新作の小説】設定としては・・・主人公が君島澪(きみしまみお)、中学3年生。姉も漢字1字の名前。大学院に通う室井滋似の母親。父親は多摩丘市の「城跡桜台」駅が最寄の図書館に勤務する司書。その他の登場人物→同級生・原口悠紀子。コーラス部部員(声)。タヌキ。ドワーフの兄妹。天沢聖司なし

2017-03-11 10:07

ReplyRTFav