東海林さだお

現代文学100字レビュー

東海林さだおプロフィール&ガイド

東海林さだお(しょうじさだお)―1937年、東京都杉並区出身。エッセイスト。

1970年漫画家デビュー。1970年『タンマ君』で第16回文藝春秋漫画賞、1995年『ブタの丸かじり』で第11回講談社エッセイ賞受賞。

もちろん本職は漫画なんですが、エッセイもいっぱい出てます。「~の丸かじり」なシリーズで文春文庫に並んでるのを見ると、どれから手に取っていいのか迷うでしょうね。どれでもいいのかもしれんけど。ここで載せてるのは(つまり私が読んだことがあるのは)椎名誠との対談集だけなので、東海林さだおファンだとも言いがたく、どれがオススメ!も言いにくかったり。

つながり作家

  • 椎名誠
  • 開高健
  • 今柊二
  • 丸谷才一
  • 小泉武夫

マイベストはこれ!

レビュー一覧

東海林さだお/椎名誠『太っ腹対談

『太っ腹対談』の表紙画像
評価
★★★☆☆
発行
2002/05 講談社
種類
文学(エッセイ)
目次
第1回 ヒトゲノムって何 / 第2回 新五輪種目はこれだ / 第3回 早食いの奥義とは (ほか)
所要
2時間

だらだら度がどんどん上がるような気がするな、この対談シリーズ。ゲストに目覚しいものもないので(失礼)、純粋にそのだらだらを楽しむしかない。そんな時に威力あるのはやっぱり食べ物の話。さぬきうどんにカレー。

東海林さだお/椎名誠『やぶさか対談

『やぶさか対談』の表紙画像
評価
★★★★☆
発行
2000/12 講談社
種類
文学(エッセイ)
目次
第1回すき焼きの掟 / 第2回ケンカの仕方 ゲスト田嶋陽子 / 第3回すぐ欲しくなる売り方 ゲスト川口隆史 (ほか)

各回、各界からのゲストを招いての鼎談。世の中についていけなくても「もうこのままでいいんだ、俺」という椎名発言はかなり問題だと思われるが、この人の強さであったりもする。ここになんで大江健三郎が出てるの。

作品名クリックでレビューを見に行けます。見出しクリックでソートできます(デフォルトはサイト掲載日順)。

作品名 かな 発行日 種類 評価
作品名 かな 発行日 種類 評価
太っ腹対談 ふとっぱらたいだん 2002/05 文学(エッセイ) ★★★☆☆
やぶさか対談 やぶさかたいだん 2000/12 文学(エッセイ) ★★★★☆
ビールうぐうぐ対談 びーるうぐうぐたいだん 1999/03 文学(エッセイ) ★★★☆☆
人生途中対談 じんせいとちゅうたいだん 1996/10 文学(エッセイ) ★★★☆☆

このページへのコメント