椎名誠『哀愁の町に霧が降るのだ 上』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『哀愁の町に霧が降るのだ 上』の表紙画像
タイトル
哀愁の町に霧が降るのだ 上
かな
あいしゅうのまちにきりがふるのだ1
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
話はなかなか始まらない / まだ話は始まらない / 緊急対策中途解説の項 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
ぼろアパートでうねうねとうごめき酒をくらっては歌う青春。沢野ひとしや木村晋介らが実名で登場する私小説であり、良質の友情小説(?)でもある。自分にこれほどの青春があったなら!と思うがどうなるわけでもない。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント