宮本輝『道頓堀川』

現代文学100字レビュー

作品情報

宮本輝『道頓堀川』の表紙画像
タイトル
道頓堀川
かな
どうとんぼりがわ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
道頓堀川
評価
★★★★★
レビュー
道頓堀川の澱みに映る薄暗い繁華街で生きる人間達の長編。「同じ船に乗り合わせ」た者同士のシビアな人生ドラマだ。人数分の過去があってなおかつ過去は問わない演歌的青春群像。ビリヤードの最終段は完璧な美しさ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント