島田雅彦『僕は模造人間』

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『僕は模造人間』の表紙画像
タイトル
僕は模造人間
かな
ぼくはもぞうにんげん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一楽章 はずれ玉 / 第二楽章 間男 / 第三楽章 賭博者 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
「自意識過剰な夢想的偽悪少年」の生育過程を描く、著者の毒全開の長編。彼は常に自分を演じている。行動は全て他人を意識した嘘で言葉は自らを裏切る。「思春期」に重ねあわせて読むことも拒否する一大青春讃歌だ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント