島田雅彦『彼岸先生』

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『彼岸先生』の表紙画像
タイトル
彼岸先生
かな
ひがんせんせい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
師弟関係 / 夜の同志たち / 女の都 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
夏目漱石『こころ』をパロディーにした、代表作にして問題作。ここで「先生」はポルノ作家であり、精神病院の偉大な患者だ。そのダンディズムに惹かれ氏を師と慕う「ぼく」が出会うものはなにか。日本文学の新基準。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント