ウィーン

物語の舞台への旅

ウィーン - 島田雅彦『彼岸先生』の舞台

オーストリア・ウィーン

写真

飛行機の中でウィーンの歴史博物館の学芸員と隣り合わせた。彼女は東洋セクションを受け持つ独身の日本女性で、最初は会話にあまり乗気ではなかったが、「ウィーンって移民の都だそうですね」と事情通ぶっていうと、「芸術の都だと思ってるのは日本人観光客だけです」と解説を始めた。

オーストリアの首都、ウィーン。主人公の青年は、海外に暮らす親に呼ばれてウィーンへ飛びます。

ウィーンは芸術の都ではなく移民の都だったのか。

ウィーンについて

by Wikipedia

このページへのコメント