宮本輝『流転の海 ― 第1部

現代文学100字レビュー

作品情報

宮本輝『流転の海』の表紙画像
タイトル
流転の海
かな
るてんのうみ
副題
第1部
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
流転の海
評価
★★★★★
レビュー
長編連作の第一部にあたる。落ちぶれた者、成り上がった者、戦後の何かが胎動を始める時代を描く。「星廻りとケンカをしてこそ、ほんまの人生とは言えんかのお」とある奇跡のように子を授かった熊吾の語調は力強く。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント