村上春樹『中国行きのスロウ・ボート』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上春樹『中国行きのスロウ・ボート』の表紙画像
タイトル
中国行きのスロウ・ボート
かな
ちゅうごくゆきのすろうぼーと
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
中国行きのスロウ・ボート / 貧乏な叔母さんの話 / ニューヨーク炭鉱の悲劇 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
初の短編集になる。これほど「完璧な短編集」はそうそうない。どれもが触覚的冷たさと痛みに貫かれている。それでいて押し付けがましさはまるでなく、当たり前みたいに静かな物語。表題作は何度読んでも心に染みる。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント