藤沢周『箱崎ジャンクション』

現代文学100字レビュー

作品情報

藤沢周『箱崎ジャンクション』の表紙画像
タイトル
箱崎ジャンクション
かな
はこざきじゃんくしょん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
箱崎ジャンクション
評価
★★★★★
レビュー
二人のタクシードライバーが互いの車を交換して他人として走る。精神安定剤や離婚届が同乗しなくともそこは苛立ちと倦怠が充満する箱だ。自分以外誰もいない渋滞。暴走の予感を孕む文章の向こうに重い手応えがある。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント