椎名誠『草の記憶』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『草の記憶』の表紙画像
タイトル
草の記憶
かな
くさのきおく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第1話 オニユラシ / 第2話 タマセンカズラ / 第3話 アレチノカヤツリ (ほか)
所要
3時間30分
評価
★★☆☆☆
レビュー
昭和30年代の小学生が主人公の青春小説。まるで小学生みたいな文章。効果を計算しつくした文体か、地なのか。小さな生活エピソードがいくつかあるだけでスペクタクルも号泣もないんだけど、郷愁だけで推進する物語。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント