星野智幸『無間道』

現代文学100字レビュー

作品情報

星野智幸『無間道』の表紙画像
タイトル
無間道
かな
むげんどう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
無間道 / 煉獄ロック / 切腹
所要
2時間20分
評価
★★★★☆
レビュー
三編がぐるっとループして、生き直しても切腹しても、この世界からは出られない。愛と青春のSF作「煉獄ロック」、システムの邪悪さに抗う若者が妙に懐かしい。造語の(意図的な)悪センスにはいつも脱臼するんだけど。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント