藤沢周『焦痕』

現代文学100字レビュー

作品情報

藤沢周『焦痕』の表紙画像
タイトル
焦痕
かな
しょうこん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
焦痕 / 腹が痛い / 素描 (ほか)
所要
3時間10分
評価
★★★★★
レビュー
すれ違う他人に次々カメラが渡されていく連作短編だが全部同じ人間に見える。誰だって焦げた執着を抱えて鏡に唾吐いてるからな。円環にすることで出口さえ奪う非情さで「持て余された自分」の向き先を教えてくれる。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント