町田康『どつぼ超然』

現代文学100字レビュー

作品情報

町田康『どつぼ超然』の表紙画像
タイトル
どつぼ超然
かな
どつぼちょうぜん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 発端 / 第二章 渡海 / 第三章 触れ合い (ほか)
所要
3時間
評価
★★★★☆
レビュー
『東京飄然』の続編として、目に映るものをいじって思索をしながら徘徊する風情なのだが、架空の地名を与えられて(端的に言うと熱海だけどね)小説になってる。死に場所を探してるように見えて実は観光なんてご冗談。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント