川上弘美『ゆっくりさよならをとなえる』

現代文学100字レビュー

作品情報

川上弘美『ゆっくりさよならをとなえる』の表紙画像
タイトル
ゆっくりさよならをとなえる
かな
ゆっくりさよならをとなえる
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
雨蛙 / かすかなもの / しょうがパンのこと (ほか)
所要
2時間
評価
★★★★☆
レビュー
小説の導入部に使えそうな文章ばかりのエッセイ集。リズムはもちろん、オクラをひと夏食べ続けたり本屋の棚を見守ったり、暮らしがもう物語に包まれている。書評の章も語らってるうちに本の話になったという自然さ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント