ポール・オースター/柴田元幸『オラクル・ナイト』

現代文学100字レビュー

作品情報

ポール・オースター/柴田元幸『オラクル・ナイト』の表紙画像
タイトル
オラクル・ナイト
かな
おらくるないと
著者
NDC
933 文学>英米文学>小説 物語
目次
オラクル・ナイト
所要
3時間
評価
★★★★☆
レビュー
物語内物語が何層も入り乱れ、挿話の響き合いがまた別の挿話を呼ぶ。いつもどおりのオースターお得意だけども、地下室に閉じ込められた男の取り残され感が、後半さらに細粒化していく。なんだか箱が小さい気がした。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント