角田光代『地上八階の海』

現代文学100字レビュー

作品情報

角田光代『地上八階の海』の表紙画像
タイトル
地上八階の海
かな
ちじょうはっかいのうみ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
真昼の花 / 地上八階の海
所要
2時間50分
評価
★★★★★
レビュー
アジアに沈没するバックパッカー「真昼の花」、母や兄の平凡な生活に苛立つ「地上八階の海」。世間に馴染めず社会から黙殺される自分を断罪するふりで、正しいのは私のほうだという裏の思いが今風に息苦しくて凄惨。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント