重松清『熱球』

現代文学100字レビュー

作品情報

重松清『熱球』の表紙画像
タイトル
熱球
かな
ねっきゅう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
熱球
所要
3時間
評価
★★★☆☆
レビュー
郷里へ戻って蘇る、甲子園を目指したあの日々。思い出を掘り出すときに味わう痛みは、時間を串刺したいと思えば当然。恋心でなくても。例によってと言うか「家族の再生」もテーマの一つだが、こちらももちろん痛い。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント