防府

物語の舞台への旅

防府 - 重松清『熱球』の舞台

防府(山口県・防府市)

写真

本州の西端近くに位置する、人口十数万人の港湾都市にして城下町――周防市が、街をあげて沸きたった夏がある。

2002年の単行本発行当時も、現在も、「周防市」というのは存在しない市名です。でも、もしかしたら周防市になってたかもしれないのですよね。

山口県の市町村合併で、山口市・防府市ほか4町での合併が検討されてて、2004年ごろの協議会で出てた新市名の一案として「周防市」があがってたのです。結局は観光地としてのネームバリューその他から「山口市」で決定となったのですが、その後、防府市が合併から離脱する形で、昨秋に新「山口市」が誕生してます。

この平成の大合併は、全国あちこちで、いろんなしがらみを見せつける、おもしろいイベントではありました。

それはともかく。作品の舞台も、そのあたりのイメージがされてます。中都市としての防府がその周防市、ちょっとした街の山口市が作品中では「大内市」とされる街の位置づけと同定される。防府は城下町ではないけれども。

防府市について

防府市(ほうふし)は、山口県中南部の周防灘(瀬戸内海)に面した市。旧佐波郡の南半分と旧吉敷郡の一部にあたる。九州・山口地方の東部、中国地方の西部に位置する。

by Wikipedia

このページへのコメント