角田光代『ロック母』

現代文学100字レビュー

作品情報

角田光代『ロック母』の表紙画像
タイトル
ロック母
かな
ろっくはは
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ゆうべの神様 / 緑の鼠の糞 / 爆竹夜 (ほか)
所要
2時間50分
評価
★★★★☆
レビュー
初収録のボーナストラックを含むベスト盤、ということでOK? 家族との関係性と、異国の風景が中心となった七編。不快感がこの作家の拠り所だなと改めて思う。田舎の母が大音量でニルヴァーナ。って短詩的な情景だ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント