西村賢太『暗渠の宿』

現代文学100字レビュー

作品情報

西村賢太『暗渠の宿』の表紙画像
タイトル
暗渠の宿
かな
あんきょのやど
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
けがれなき酒のへど / 暗渠の宿
所要
1時間10分
評価
★★★★☆
レビュー
文体も態度も時代がかった無頼な私小説。風俗嬢に騙され、藤澤清造に心酔し、飲んで暴れる。全部同じテーマだと聞いて何を評価したらと迷うが、初の西村作品としてはその動機としての「怨念」に感嘆しながら読んだ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント