吉田修一『春、バーニーズで』

現代文学100字レビュー

作品情報

吉田修一『春、バーニーズで』の表紙画像
タイトル
春、バーニーズで
かな
はるばーにーずで
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
春、バーニーズで / パパが電車をおりるころ / 夫婦の悪戯 (ほか)
所要
50分
評価
★★★★☆
レビュー
若さを閉じてゆくような家族の生活。ときどきはみ出したくなる平凡で幸せな生活…。文体に独特の洗練があって、何でもないことを歌うのが上手くなったね。意思疎通できる関係の苦さ。ラスト「楽園」がしんみり効く。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント