星野智幸『最後の吐息』

現代文学100字レビュー

作品情報

星野智幸『最後の吐息』の表紙画像
タイトル
最後の吐息
かな
さいごのといき
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
最後の吐息 / 紅茶時代
所要
2時間
評価
★★★★☆
レビュー
メキシコの熱と匂いと色彩。蜜のしたたる濃密な文体は中上健次ばりの息苦しさで、眩暈してるうちに場面は大きく跳躍している。見失うなよと身をくねらせる魚の残影が快い。併録の「紅茶時代」は途中で見失ったけど。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント