大崎善生『孤独か、それに等しいもの』

現代文学100字レビュー

作品情報

大崎善生『孤独か、それに等しいもの』の表紙画像
タイトル
孤独か、それに等しいもの
かな
こどくかそれにひとしいもの
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
八月の傾斜 / だらだらとこの坂道を下っていこう / 孤独か、それに等しいもの (ほか)
所要
2時間20分
評価
★★★★☆
レビュー
自分を壊しかねない強い感情への防衛として心を鈍く平たく麻痺させていった人物ばかりが登場する、しんどい短編集。扉を開こうとする意志が生まれる場所を探してぼそぼそと進む筆。いつの間にか読者も光を探してて。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント