梨木香歩『村田エフェンディ滞土録』

現代文学100字レビュー

作品情報

梨木香歩『村田エフェンディ滞土録』の表紙画像
タイトル
村田エフェンディ滞土録
かな
むらたえふぇんでぃたいとろく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
鸚鵡 / 驢馬 / ヨークシャ・プディング (ほか)
所要
2時間50分
評価
★★★★☆
レビュー
トルコに留学して考古学を究める村田。発掘現場で羅馬硝子を掘り当てて学問的興奮を誘うシーンから、『家守綺譚』に繋がる騒々しき神々のエピソード、国家が香る&時代が動くって大河まで、色彩鮮やかで惚れるねぇ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント