川上弘美『光ってみえるもの、あれは』

現代文学100字レビュー

作品情報

川上弘美『光ってみえるもの、あれは』の表紙画像
タイトル
光ってみえるもの、あれは
かな
ひかってみえるものあれは
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
すべて世はこともなし / 夜になると鮭は… / 木のぼりして (ほか)
所要
3時間50分
評価
★★★★★
レビュー
川上作品としてはわりと素直に少年の成長を見守る青春小説。登場人物には友達みたいな家族だとか女装する親友だとか、定型ながら不思議な綾がある。ハッピーエンドとも言えないのにこの爽やかな読後感はなんなんだ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント