池上永一『風車祭』

現代文学100字レビュー

作品情報

池上永一『風車祭』の表紙画像
タイトル
風車祭
かな
かじまやー
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
旧暦八月十五日 節祭 / 旧暦九月九日 菊酒 / 旧暦十月立冬 種子取祭 (ほか)
所要
14時間50分
評価
★★★★★
レビュー
石垣島の習俗、伝承神事などが高密度で書かれてて、沖縄文化を語り継がねばというような意志がある。「だからよー」のユルさで物語は必要以上に膨らむんだけど、豚の妖怪ギーギーなど魅力的な登場人物多数で楽しい。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント