辻仁成『海峡の光』

現代文学100字レビュー

作品情報

辻仁成『海峡の光』の表紙画像
タイトル
海峡の光
かな
かいきょうのひかり
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
海峡の光
評価
★★★★☆
レビュー
主人公の勤める刑務所に入ってくる花井。主人公は彼にいじめられた少年時代の記憶に戸惑う。私を覚えているのだろうか。地味なストーリーだが心理の漂流が丁寧に書かれている。終局部で閃く悪意が眩い芥川賞受賞作。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント