函館

物語の舞台への旅

函館 - 辻仁成『海峡の光』の舞台

函館(北海道・函館市)

函館湾と津軽海峡とに挟まれたこの砂州の街では、潮の匂いが届かない場所などなかった。

函館は辻仁成にとって故郷という意識の強い町。転勤族の父に連れられてあちこち移ってるが、高校を卒業したのが函館の頃です。

函館が舞台となる作品も多くありますが、この芥川賞受賞作でも、印象的に函館が語られます。よりピンポイントで舞台を言えば「函館少年刑務所」。主人公はそこの看守なのですね。狭い町だから観光エリアのすぐそばにあって、五稜郭からも歩けるような場所です。

なにはともあれ、引用部の静やかさはいいですね。「潮の匂いが届かない場所などなかった。」

函館市について

by Wikipedia

このページへのコメント