藤沢周『幻夢』

現代文学100字レビュー

作品情報

藤沢周『幻夢』の表紙画像
タイトル
幻夢
かな
げんむ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
迦桜羅 / タケヤブヤケタ / キューブ7 (ほか)
所要
2時間40分
評価
★★★☆☆
レビュー
剣道の話が二つ入ってるからか、鎌倉が舞台だったりするからか、古風で厳格な美しさがある短編集。カラス目線だったり不条理だったり新しい試みはちょっと不安定。もともと不安定なところが魅力的だったりするけど。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント