花村萬月『虹列車・雛列車』

現代文学100字レビュー

作品情報

花村萬月『虹列車・雛列車』の表紙画像
タイトル
虹列車・雛列車
かな
にじれっしゃひなれっしゃ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
虹列車 / 金城米子さん / 癈鶏の (ほか)
所要
3時間40分
評価
★★☆☆☆
レビュー
北へ旅する青春小説で沖縄猥雑私小説を挟み込む構成。沖縄部、特に「金城米子さん」は筆に淫する冗長さで良くも悪くも唸るしかないのだが、最後が爽やかな分だけ雛にだまされたような気がする。旅を自在に操る作家。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント