丸山健二『安曇野の白い庭』

現代文学100字レビュー

作品情報

丸山健二『安曇野の白い庭』の表紙画像
タイトル
安曇野の白い庭
かな
あずみののしろいにわ
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
祖父の土地へ / 防風のための樹を植える / 土の匂いと、緑の風を肌で感じて… (ほか)
所要
2時間40分
評価
★★★☆☆
レビュー
庭造りに励む老人のガーデニングエッセイ。魂を注ぎこむ気迫が文体からも伝わってくるが、虫のついた杉に往生したり薔薇の色を吟味したり、世界は小さい。建て替えのための植え替えとか、実用的に読める部分もある。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント