鈴木清剛『スピログラフ』

現代文学100字レビュー

作品情報

鈴木清剛『スピログラフ』の表紙画像
タイトル
スピログラフ
かな
すぴろぐらふ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
スピログラフ
所要
1時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
幼馴染である男女三人の関係が壊れてゆくさま。それはヒロインの病のせいかもしれないし、それぞれが望みどおりの場所に辿りついただけかもしれない。特命業務で浮かれるより他にあるだろと、哀しい気持ちにはなる。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント