目取真俊『風音 ― The Crying Wind

現代文学100字レビュー

作品情報

目取真俊『風音』の表紙画像
タイトル
風音
かな
ふうおん
副題
The Crying Wind
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
風音
所要
1時間50分
評価
★★★☆☆
レビュー
初期作品を映画化後にリライトした長編。「泣き御頭」と呼ばれる特攻隊委員の頭蓋骨が鳴らす風音に、戦後沖縄の記憶を託す。小説的な事件を起こす必要はなくて、ただその泣き声に耳をすましているだけでもいいのに。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント