中上紀『水の宴』

現代文学100字レビュー

作品情報

中上紀『水の宴』の表紙画像
タイトル
水の宴
かな
みずのうたげ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
フェイドアウト / 銀色の魚 / ラライェの夕日 (ほか)
所要
3時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
旅の短編集。物語としての起承転結よりも、バンコク、カウアイ島、シンガポール、チェンマイ、それぞれの気温や湿度の再現に気が配られてる。海中出産なんて変った題材をもってきながら「ハワイの海」に重点がとか。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント