シンガポール

物語の舞台への旅

シンガポール - 中上紀『水の宴』の舞台

整然とした近代的な建物群、清潔で美しい都市というのがシンガポールのイメージだが、シティの大通りから一本それた路地を入ればいかにもアジアらしい独特の猥雑な空気や匂いが漂い、まるで刺激的な物語のように美緒の皮膚という皮膚にこれでもかというほどねっとりとまとわりついてくる。ホーカーズもそんな場所の一つであった。

「ラライェの夕日」より。

ホーカーズは町のあちこちにあるフードコート、屋台村なので特定の場所ではないんですが、地図はマックスウェル・フードセンターに落としておきます。庶民的なところから観光客向けまでいろいろある食事スポット。

シンガポールでは、中華、マレー料理、インドネシア料理、インド料理など近隣アジアの味がいろいろ楽しめるのがいいですね。シンガポールらしさというと、そういう、文化の混ざり合った料理バリエーションを思い浮かべます。

シンガポールについて

シンガポール共和国(シンガポールきょうわこく)、通称シンガポールは、東南アジアの主権都市国家かつ島国である。マレー半島南端、赤道の137km北に位置する。同国の領土は、菱型の本島であるシンガポール島及び60以上の著しく小規模な島々から構成される。

同国は、北はジョホール海峡によりマレーシア半島から、南はシンガポール海峡によりインドネシアのリアウ諸島州から各々切り離されている。同国は高度に都市化され、原初の現存植生はほとんどない。同国の領土は、一貫して埋立てにより拡大してきた。

by Wikipedia

このページへのコメント