シンガポール

物語の舞台への旅

シンガポール - 中上紀『水の宴』の舞台

整然とした近代的な建物群、清潔で美しい都市というのがシンガポールのイメージだが、シティの大通りから一本それた路地を入ればいかにもアジアらしい独特の猥雑な空気や匂いが漂い、まるで刺激的な物語のように美緒の皮膚という皮膚にこれでもかというほどねっとりとまとわりついてくる。ホーカーズもそんな場所の一つであった。

「ラライェの夕日」より。

ホーカーズは町のあちこちにあるフードコート、屋台村なので特定の場所ではないんですが、地図はマックスウェル・フードセンターに落としておきます。庶民的なところから観光客向けまでいろいろある食事スポット。

シンガポールでは、中華、マレー料理、インドネシア料理、インド料理など近隣アジアの味がいろいろ楽しめるのがいいですね。シンガポールらしさというと、そういう、文化の混ざり合った料理バリエーションを思い浮かべます。

シンガポールについて

シンガポール共和国(シンガポールきょうわこく)、通称シンガポールは、東南アジアの主権都市国家かつ島国である。マレー半島南端、赤道の137km北に位置する。同国の領土は、菱型の本島であるシンガポール島及び60以上の著しく小規模な島々から構成される。

同国は、北はジョホール海峡により半島マレーシアから、南はシンガポール海峡によりインドネシアのリアウ諸島州から各々切り離されている。同国は高度に都市化され、原初の現存植生はほとんどない。同国の領土は、一貫して埋立てにより拡大してきた。

シンガポールは、教育、エンターテインメント、金融、ヘルスケア、人的資本、イノベーション、ロジスティクス、製造、テクノロジー、観光、貿易、輸送の世界的なハブです。この都市は多くの国際ランキングで非常にランク付けされており、最も「テクノロジー対応」国(WEF)、国際会議のトップ都市(UIA)、世界で最もスマートな都市である「投資の可能性が最も高い」都市(BERI)、世界で最も安全な国、世界で最も競争力のある経済、3番目に腐敗の少ない国、3番目に大きい外国為替市場、3番目に大きい金融センター、3番目に大きい石油精製貿易センター、5番目に革新的な国、2番目に混雑するコンテナ港。 2013年以来、エコノミストはシンガポールを最も住みやすい都市としてランク付けしています。

シンガポールは、すべての主要な格付け機関からAAAソブリン格付けを持つアジアで唯一の国であり、世界11か国のうちの1つです。シンガポール航空は2018年の「世界最高の航空会社」であり、世界的にはシンガポール港とチャンギ空港がそれぞれ「マリタイムキャピタル」と「ベスト空港」のタイトルを連続して獲得しています。

シンガポールは、1人当たりGDPが2番目に高い国連人間開発指数で9位です。これは、教育、医療、平均余命、生活の質、個人の安全、住宅などの主要な社会的指標に高く置かれています。家の90%が所有者です。

by Wikipedia

このページへのコメント