椎名誠『真昼の星 ― 熱中大陸紀行 パタゴニア・アマゾン・チベット

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『真昼の星』の表紙画像
タイトル
真昼の星
かな
まひるのほし
副題
熱中大陸紀行 パタゴニア・アマゾン・チベット
著者
NDC
915 文学>日本文学>日記 書簡 紀行
目次
第一章 氷河の牙へ―パタゴニア追想紀行 / 第二章 奥アマゾンの水没ジャングルを行く / 第三章 チベット偽者巡礼旅
所要
2時間30分
評価
★★★☆☆
レビュー
氷河の南米パタゴニア、水没ジャングルのアマゾン、祈りの大地チベット。秘境の地とはいえ初めての旅先じゃなかったり椎名著作としては既読感があるのだが、「真昼の星」の清冽さにはハッとする。そんな抒情の紀行。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント