川崎徹『石を置き、花を添える』

現代文学100字レビュー

作品情報

川崎徹『石を置き、花を添える』の表紙画像
タイトル
石を置き、花を添える
かな
いしをおきはなをそえる
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
石を置き、花を添える / なんの変哲もない場所にすぎない、タンスの上 / 海近しの眩しい陽射しが
所要
2時間
評価
★★★★☆
レビュー
年を取って、亡くなった知人、もう時を止めてしまった事物、振り向いた坂下に見える思い出たちを慈しむ短編集。だからすごく静か。「ミャッ」と鳴いたとしてもそこに猫はいないのだ。それとももう、誰もいないのか?
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント