星野智幸『われら猫の子』

現代文学100字レビュー

作品情報

星野智幸『われら猫の子』の表紙画像
タイトル
われら猫の子
かな
われらねこのこ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
紙女 / チノ / トレド教団 (ほか)
所要
2時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
セクシャル・マイノリティたちがおどおどと、あるいは暴力的に、居場所を探す短編集。生殖への嫌悪は自分が世に増殖することの恐怖か? そんなことを思いながら読む表題作は、力強い決意が静かに降り積もっていて。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント